澤穂希の背中にコーチングの真髄を見た気がした

昨日の皇后杯決勝が現役最後の試合となったINAC神戸所属の澤選手。

数々の伝説を残してきた選手ですが、ここでも「もってる」ところを見せ付けてくれましたね。

自身の現役最後の試合で自分で決勝ゴール決めてチームを優勝に導くとか、「もってる」にも程があるレベルです。

澤選手といえばこれ

「神様 仏様 穂希様」と日本中が感じたこのワールドカップ決勝でのゴール。

お持ちです。

色々とお持ちです。

背中で語る

澤選手にはいろんな名言があって、ネット界隈でもよく紹介されているので「澤 名言」とかで検索してみると面白いです。

そんな数ある名言の中で、今のタイミングだからこそぼくにフックしてきたのが以下の言葉。

北京オリンピックで4位にに終わった際に、宮間選手に言ったとされる言葉です。

苦しいときはわたしの背中をみなさい

女子サッカー黎明期から活躍して、文字通り背中でひっぱってきた澤選手だからこそ、胸を打つ言葉です。

これとセットでワールドカップ決勝のゴールを見直すと本当に泣けます。

コーチングの真髄であり究極系

この言葉が語っているのはまさに「コーチングの真髄」であり究極系だなと思ったんですね。

言葉ではなく、背中でチームをモチベートする。

つまり、人としてのあり方のみで人を動かすことができる。

これって、コーチングの究極系であり、コミュニケーションの最終進化形態ですよね。

理想です。

すっごい理想。

結局はあり方なんだと

澤選手の生き方や言葉を見たり聞いたりして、そして実際に結果としても見せ付けられると自分はどうか?といやがうえにも考えさせられます。

まさに、澤穂希にコーチングされているかのような状態です。

コミュニケーションていうのは何も言葉だけではなく、背中なんだなと、あり方なんだ結局はというところに行き着くのです。

「お前のあり方はどうなんだ?」と常に自分自身に問い続けないといけないなと思う次第です。

まとめ

昨日の試合で現役を引退した澤選手が今後、どういうキャリアをたどっていかれるのかはわかりません。

メディア界隈では引っ張りだこでしょうから、しばらくは忙しい毎日を過ごされるのかもしれませんが、まずは休んでいただきたいですね。

今後監督としてグラウンドに帰ってくるのか、はたまた違う道をいくのか、嫌でも注目は集まってしまいますが、彼女の次の生き方に僕も注目したいと思います。

スポンサーリンク

ぜひシェアをお願いします

メールマガジンに登録!

メンタル言語化ワークアウト 読者登録フォーム

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

カメダ ナオト

2017年前まで大企業で人事・総務、営業を経験、その後、WEBマーケティングのコンサル会社に転職。現在に至る。 会社やクライアントにコントロールされている感覚が抜けず、すべてに受け身な状態になってしまっていました。そんなときにコーチングに出会い、自分の人生を自分でコントロールし、自分株式会社の経営者として人生戦略・キャリア戦略をもつことが大事だと築き、自らを変え、コーチングによるサポートも行っています。 「会社員だから」「フリーランスだから」ではなく、自分が納得できるキャリアや人生を描くサポートをしていきます。 これからは、ビジネスマン・アスリートをコーチングでサポートしながら、学校教育にもコーチングを拡げ、変化の激しい時代を力強く進んでいくためのコンパスを子どもたちに提供してきたいと考えています。