「質問」と「問題」の違いは答えが用意されているかどうか

どうも、カメダ(NK_eng)です。

このところ、コーチングをさせてもらう機会が爆発的に増えました。

ありがたいことです。

ちなみに、こんな企画もやっているので、よろしかったらご連絡ください。

ちなみに、ご応募いただく際は、カメダのアカウントをフォローしていただけますと幸いです。

というのも、そうでないと、応募者さんにご連絡が届かないっぽいんですよね…

フォロー関係にないと、DMが気づきにくいようでして…

せっかくの機会ですので、確実にお届けしたいと思っています。

よろしくお願いします。

「質問」をするときには注意が必要

このところ、ありがたいことにチームリーダーもやらせてもらっているので、メンバーのことも今まで以上に考えるようになりました。

・どういう成長をしたいのか
・今の会社でどんなことを実現したいのか

などのやや抽象的なテーマはもちろんのこと、日々の具体的なスキルアップに向けたアクションの落とし込みなどをコーチングスキルを使ってサポートしています。

この時、かなり注意するようにしていることがあります。

場面としては「質問」をするときです。

「質問」か「クイズ」か

基本的に、コーチングはアドバイスさえしなければ何をしてもいいとされています。(ものすごい極端に言えばですが)

なので、相手の考えを引き出すために質問もすることになるのですが、この時、あらかじめ自分の期待する答えや正解がある質問になっていないか?に気を付けるようにしています。

というのも、それだとメンバーの本当の気持ちや考え、創造性などが引き出せないからです。

例えば、

何かメンバーが自分自身に課題を抱えていたとします。「なかなか言語化できない」という課題としましょうか。

こういうのって、ある程度自分が通ってきた道じゃないですか。

だから、なんとなくビクトリーロードが見えていますよね。

つまり、自分なりの答えをもった状態で質問をする。

「どうすればよいと思う?」

一見、オープンな質問だし、考えを引き出す質問にも思えます。

でも、このときに自分が考えていたことと違ったアイデアが出てきたらどうでしょうか。

そのアイデアを否定してしまったり、結局自分のアイデアを「アドバイス」に変えて伝えていたりするんですよね。

つまり、やっているのは質問ではなく「問題」「クイズ」になっちゃうんです。

信頼関係を崩すコミュニケーション

これを繰り返していると、おそらくメンバーとの信頼関係は崩れていくんだろうなーと危機感を持っています。

だって、結局最後には「答え」らしきものが提示されるわけだから、顔色を窺いだしますよね。人間だもの。

・この人が求める答えはなんだろう?
・とりあえず適当に答えておこう

こんな問いやマインドになってしまっても不思議ではないし、こうなると、その人の成長は鈍化してしまいますよね。

なので、気を使わせるようなコミュニケーションは、できる限り避けたいなと思うのです。

問われるコーチングの基本姿勢

なまじコーチングを中途半端に学んでしまうと、このようなコミュニケーションになってしまうのかもしれません。

ティーチングは、メンバーのフェーズによっては確実に必要なので、もし、知識や情報が足りないのであれば、それはそれで伝える必要がある。

わざわざ質問にすると、嫌みっぽさも出てきてしまうので、だったらそのままダイレクトに伝えればいいと思うんですよね。

結局、ここで問われるのはコーチングの基本姿勢なんだと思います。

「100%クライアントのために会話をしているか」

自分が欲しい答え、回答を引き出すのは、それは相手のためではなく自分のため。

基本からは程遠い在り方だということになります。

深く学び続ける

コーチングを学ぶことの意義は大きいと僕は心から思っています。

それは、リーダーを任されてからより強く感じるようになりました。

だからこそ、「中途半端な学び」で終わってはいけないなと、自分自身にも言い聞かせています。

メンバーからの信頼を得て、彼らが彼らとしての成長を遂げるためのサポートをするために、これからも日々、コーチングを深く学んでいきたいと思います。

 

PS:

ぜひ、部下やメンバーから信頼される上司・リーダーを目指すために、深くコーチングを学びませんか?

そのサポートが、ぼくにはできます。

トラストコーチングスクールはこちら

 

スポンサーリンク

ぜひシェアをお願いします

メールマガジンに登録!

メンタル言語化ワークアウト 読者登録フォーム

ABOUTこの記事をかいた人

カメダ ナオト

2017年前まで大企業で人事・総務、営業を経験、その後、WEBマーケティングのコンサル会社に転職。現在に至る。 会社やクライアントにコントロールされている感覚が抜けず、すべてに受け身な状態になってしまっていました。そんなときにコーチングに出会い、自分の人生を自分でコントロールし、自分株式会社の経営者として人生戦略・キャリア戦略をもつことが大事だと築き、自らを変え、コーチングによるサポートも行っています。 「会社員だから」「フリーランスだから」ではなく、自分が納得できるキャリアや人生を描くサポートをしていきます。 これからは、ビジネスマン・アスリートをコーチングでサポートしながら、学校教育にもコーチングを拡げ、変化の激しい時代を力強く進んでいくためのコンパスを子どもたちに提供してきたいと考えています。