自分との信頼を築くためにオススメの習慣

スポーツって、「信頼関係」で成り立ってるところあるじゃないですか。

え?私は個人スポーツだから関係ない?

いやいや。

仲間との信頼関係だけじゃないでしょう。

相手がいて、審判がいて、そして、その大会を運営する多くのスタッフがいて、道具を作る人がいて初めて成り立つものじゃないですか。

で、結構忘れがちだけどもっとも忘れちゃならんのが「自分との信頼関係」だったりすると思うのです。

自分との信頼関係

なぜ大事なのかというと、練習では別かもしれませんが、本番で自分に対して疑念があったら、パフォーマンスって下がりませんか?

体験的・感覚的にわかると思うのです。

充実したトレーニングができて、コンディションもバッチリな時ってやっぱり結果出ますよね。

だけど、そのトレーニングの時に「妥協したかも…」とか「足りなかったんじゃ…」とか思ってたら不安に苛まれて、おそらく散々な結果に終わってしまうでしょう。

これってとてももったいないことだと思うんですよ。

トレーニングの成果や自分の実力が出し切れないって、後悔も残る上に「何がダメだったのか、課題なのか」を曇らせるんですよね。

「メンタルが…」ってなっちゃいがちなので。

これは、とてもよろしくない。

自分との約束を守ること

じゃあどうしたら自分との信頼を築けるかというと、本来は根拠なんていらないと思っています。

だって自分は自分だし。

だけど、なんらかのアクションで構築していく術があるとすれが「自分との約束を守ること」です。

約束って言っても「オリンピックに出る!」とかの「結果」じゃないですよ?

あくまで行動約束です。かつ、いままでやってなくてめっちゃ小さいこと。

・帰ったら靴をそろえる
・翌日の着替えは必ず用意する
・起きたらまず◯◯をやる

などなど、普段自分がやってなかったことで、ものすごく小さいこと、自分が本当に目指してる目標とは全く関係ないことでもOKということでやってみるんです。

そうすると、自分の中で信頼残高が溜まってきます。

そうすると「やることはできること」っていう意識的なコンディショニングもできるのでトレーニングにも身が入ってきます。

まず1週間単位でやってみる

これを、僕は1週間単位でやってます。

すっごい簡単な習慣を1週間続けていくんです。

かなーり小さいことですよ。

で、上述した通り、「いままでやってなかったことで、めちゃくちゃ小さなこと」です。

要するに「絶対にできること」にするんです。

まとめ

「約束を守ること」

これは、他人との信頼関係を築く上でも同じだと思います。

結果の約束は信頼関係にあまり影響しないと思うのですが、やると言ったことをやらなかったりするとやっぱり「え?」ってなるじゃないですか。

繰り返しますが「できる・できない」じゃないですよ?

「やるかやらないか」ですからね。

案外バカにできないことなので、とりあえず1週間やってみてください。

スポンサーリンク

ぜひシェアをお願いします

メールマガジンに登録!

メンタル言語化ワークアウト 読者登録フォーム

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

カメダ ナオト

2017年前まで大企業で人事・総務、営業を経験、その後、WEBマーケティングのコンサル会社に転職。現在に至る。 会社やクライアントにコントロールされている感覚が抜けず、すべてに受け身な状態になってしまっていました。そんなときにコーチングに出会い、自分の人生を自分でコントロールし、自分株式会社の経営者として人生戦略・キャリア戦略をもつことが大事だと築き、自らを変え、コーチングによるサポートも行っています。 「会社員だから」「フリーランスだから」ではなく、自分が納得できるキャリアや人生を描くサポートをしていきます。 これからは、ビジネスマン・アスリートをコーチングでサポートしながら、学校教育にもコーチングを拡げ、変化の激しい時代を力強く進んでいくためのコンパスを子どもたちに提供してきたいと考えています。