サッカーノートはどうやって書けばいい?

こんにちは。

サッカーメンタルコーチのカメダです。

サッカーが言語化されている

最近、サッカーに関する戦術であったり、メンタルマネジメントであったりとかって書籍や雑誌でのコラム、そして、ツイッターなどでも喧々諤々行われているのを、頻繁に目にするようになりました。

僕も、いつも勉強させてもらっています。

これらのコラムの多くが、プロではない、「観る側の人」によって書かれているのは面白いなと思います。

もちろん、監督のインタビューなどを載せているものもありますが、編集しているのはやっぱり観ている人で、プレーをしているわけではないですよね。

それが、良いとか悪いとかは論点ではなくて、どちらかと言えば良いことだと思うんですが、これらの書籍や雑誌、コラム、Twitterのツイートに至るまで、粒度の大・小はあるにしても、いずれも「言語化」されていることが、面白いと思うんです。

サッカーノートを勧める理由

僕はコーチングのクライアントさんには「サッカーノート」をつけることをお勧めしています。

なぜかというと、ざっくりと言えば、「文字にした方が自分と向き合いやすく、現状とのギャップが見出しやすい」からです。

副次効果として、試合中の指示のコーチングが上手になる、などもあると思いますが、とにかく「言語化」することによって、

・自分の課題は何で
・そのために何をしないといけなくて
・とりあえずいつまでやってみるのか

など、成長のためのアクションが作りやすいんですよね。

頭の中だけでやっていると、悩んでいるだけで何も進まない、というのが、僕の経験からくる結論です。

ペンを走らせろ

で、そのノートを取るときに、「どうやって書くんですか」という質問を受けることがあります。

どうやって、と言うのは、どうことを、どんなフォーマットで、という意味なのはわかります。

わかるんですが、わかった上で僕はこう言います。

「ペンとノートを買ってきて、ペンのキャップを開け、ノートを開いて ペンを走らせると書けるよ」と。

イージーワールー(笑)

いや、ここで終わりにはしないですよ?

もちろんこれには伝えたいことがあって、「体裁なんて気にせずになんでも良いから書け」ってことなんです。

体裁が気になって書けない問題

これも僕の経験ですが、おそらく、思い当たる節はあなたにもあるはずです。

僕は、これまでいろんなノート術・手帳術の類の本を読んできました。

その度に試しもしました。

その結果どうなったか。

フォーマットにはめることが難しい!

と感じてしまい、結局続かないのです。

もちろん、各書籍はその辺もフォローはしているのですが、どうにも体裁が気になってしまって、書くことが二の次になってしまうんですよね。

これ、本末転倒じゃないですか?

なんか書く

だから、とりあえずなんでも良いから書くっていうことから始めれば良いんだ、ってなったんです。

だいたい、書くこと自体が習慣になってないと、1行書くのも最初は苦労します。

何かけばいいんだろう?って。

だから言うのです。

「なに書けばいいんだろう?」って書こうって。

まずは、「なにを書くか」ではなくて、「なんか書く」ことから始めてみると、そのうち色々出てくるもんだと。

なにはともあれ、手を動かすことに慣れるのが先決なのです。

終わりに

とはいえ、何か書けと言われても難しいかもしれないですね。

なので、とりあえずこのブログについて思ったことでも、手始めに書いて観てはいかがですか?

・つまんない
・意味わからない

といったものから、

・素敵!
・最高!!

といった(笑)単語レベルのことでまずはOKですよ!

スポンサーリンク

ぜひシェアをお願いします

メールマガジンに登録!

メンタル言語化ワークアウト 読者登録フォーム

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

カメダ ナオト

2017年前まで大企業で人事・総務、営業を経験、その後、WEBマーケティングのコンサル会社に転職。現在に至る。 会社やクライアントにコントロールされている感覚が抜けず、すべてに受け身な状態になってしまっていました。そんなときにコーチングに出会い、自分の人生を自分でコントロールし、自分株式会社の経営者として人生戦略・キャリア戦略をもつことが大事だと築き、自らを変え、コーチングによるサポートも行っています。 「会社員だから」「フリーランスだから」ではなく、自分が納得できるキャリアや人生を描くサポートをしていきます。 これからは、ビジネスマン・アスリートをコーチングでサポートしながら、学校教育にもコーチングを拡げ、変化の激しい時代を力強く進んでいくためのコンパスを子どもたちに提供してきたいと考えています。