羽生選手に学ぶ「決断」と「問いの変換」

こんにちは。

サッカーメンタルコーチのカメダです。

今日は、サッカー選手の話ではないのですが、とても大事な話をします。

羽生選手の金メダルすごかったですね

先日まで、韓国の平昌で行われていた冬季オリンピックで、フィギュアスケートの羽生結弦選手が、大会連覇を果たして金メダルを獲得しました。

その演技は素晴らしく、見る人たちを魅了しましたよね。僕もその魅了された一人です。

ですが、この金メダル獲得までの道のりは、相当に険しく、「オリンピックは無理だろう」というほどの怪我を抱えての出場だったことは、よく知られたエピソードです。

大会前の11月に右足関節外側靱帯を損傷してしまい、当初の発表よりも治りが遅く、代表が決定するも、NHK杯に続き、全日本選手権も欠場していました。

その間、一切メディアに登場しなかったこともあり、様々な憶測が広がっていました。

しかし、周囲の心配をよそに見事に復活し、オリンピックでの金メダルとなったのでした。

怪我が治らない!羽生選手が決めたこと

驚かされたのは、金メダルを獲得した後のインタビューでした。

オリンピックまでの3ヶ月のうち、2ヶ月をリハビリに費やし、氷の上でまともに練習ができなかったとのことでした。そして、やはりまだ痛みは残っていたと…

「なんて選手なんだ…」

というのが、率直な感想なのですが、インタビューで素晴らしいと思ったのはそこではないのです。

彼は、怪我の治りが悪く、気持ちが焦る中、ある決断をしたと言います。

それは、

「怪我は治らないと決めた」ということ。

客観的な診断が深刻だったことを考えると、この決断は「当たり前だ」と考えることもできます。

が、彼がすごいのはこの先。

彼が決めたのは、オリンピックまでにプランニングしていた「やるべきこと」を捨て「今の状態でできること」に切り替えることだったんです。

僕にも経験がありますが、怪我した状態であっても、「コンディションが良い状態でやるはずだったベスト」を目指すと、できないことが増えます。

だって、痛いから。

痛くなければやれるはずのことができない。

これが繰り返されれば、どんな選手であってもナイーブにもなります。

ですが、羽生選手の場合は、「今の状態でできること」に集中をした。

もちろん、焦りはあったに違いありません。僕らでは想像もつかない苦しみがあったはず。

だけど、彼は「できること」に集中し、オリンピックに照準をあわせていった。

その結果が、あの金メダルです。

まとめ

もちろん、もともと持っている技術や能力が世界トップだったからこそ、発揮できたパフォーマンスであることは忘れてはなりません。

しかし、その力を発揮する為の準備の考え方は、どんな人でも大いに参考になるはずです。

インタビューから読み取れることなど知れているので、上記は僕の想像が大半ではあります。ただ、羽生選手が言語化しているにせよ、していないにせよ、おおよそ外れてないんじゃないかと、勝手に自信持っています(笑)

とかく、人は「できることは何か」ではなく「やるべきことは何か」と考えがちです。

ですが、できないものはできません。

できないことに気を揉み、自分に対して苛立ったような精神状態より、できることに集中し、「できることはやった」という精神状態で本番に臨んだ方が、結果出せそうな気がしませんか。

言っても簡単にできることではありませんが、まず、自分への問いを「やるべきことは何か」から、「できることは何か」に変えて見ると、不安定な気持ちが安定するかもしれませんよ?

スポンサーリンク

ぜひシェアをお願いします

メールマガジンに登録!

メンタル言語化ワークアウト 読者登録フォーム

ABOUTこの記事をかいた人

カメダ ナオト

2017年前まで大企業で人事・総務、営業を経験、その後、WEBマーケティングのコンサル会社に転職。現在に至る。 会社やクライアントにコントロールされている感覚が抜けず、すべてに受け身な状態になってしまっていました。そんなときにコーチングに出会い、自分の人生を自分でコントロールし、自分株式会社の経営者として人生戦略・キャリア戦略をもつことが大事だと築き、自らを変え、コーチングによるサポートも行っています。 「会社員だから」「フリーランスだから」ではなく、自分が納得できるキャリアや人生を描くサポートをしていきます。 これからは、ビジネスマン・アスリートをコーチングでサポートしながら、学校教育にもコーチングを拡げ、変化の激しい時代を力強く進んでいくためのコンパスを子どもたちに提供してきたいと考えています。