フィードバックの捉え方でその人の覚悟がわかる

こんにちは、TCS認定コーチの亀田(@NK_trustcoach)です。

皆さんは、目標って「必達」できていますか?

必達できているとすれば、それは素晴らしいことだと思うし、達成に向けてきっちり動けている証拠だと思います。

ぜひ、そのまま続けて欲しいです。

でも、目標によっては、必ずしも100%自分ひとりでコントロールできない要素も含まれるので、達成できないことだってあると思うんです。

そんな時に貴重なのは、慰めでも、愛のない説教でも、経験に基づくアドバイスでもなく、フィードバックだと思います。

 

僕は依然、自分としては頑張っているつもりなのだけど、成果・実力として表れないことに悩んでいたことがあります。

そんなとき、お恥ずかしい話ですが、会社の社長から「給料分の働きができてないね」とフィードバックをもらいました。

それくらい、仕事が上手くいってなくて、客観的に見てもそれはわかったからなのでしょう。

コーチングを学んでいたとはいえ、そのフィードバックをもらった時は、「どうしよう…」という焦り・不安でいっぱいになったことを今でもよく覚えています。

しかし、信頼関係が社長とは築けていましたし、「こいつならこれくらい言っても大丈夫」という確信をもって伝えてくれていたのもわかりました。期待があるから厳しく言うのだと。

 

このことがあってから、とにかく自分の課題という課題、課題に対するアクションというアクションを紙に書きまくり、アクションリストも作って実行しまくりました。

ちなみに、紙に書いた数は1年でA4用紙1万枚ほどになってました。

はたから見るとまあ非効率極まりないかもしれないのですが、あのフィードバックがあったから意識と行動が変わったのは確実です。

あの一言は、他人からのアドバイスや慰めの言葉なんかよりも、100万倍も協力で、自分を支え、奮い立たせるものでしたから。

自分の頭で、対策という対策も考えたわけですしね。

 

ただ、フィードバックってもらいたいものですが、積極的にもらいたいものでもないっていう、矛盾をはらんだものだとも思うんですよね。

だって嫌じゃないですか、成長につながるとはいえ、ショックを受けるようなこと言われるのって。

でも欲しいみたいな。

だからこそ、フィードバックには覚悟が試されるし、正直、逃げようと思えばいくらでも逃げられるんです。

そして、それが一概に悪いとも限らない。

結局は、自分がその言葉をどう捉え、自分をどう変えていくための糧にするのかにすぎません。

その時の心の状態にもよりますが、いずれにしても、「自分が何のためにここにいて、どうなりたいのか」という覚悟は試されていると思うんです。

その覚悟が決まっているのであれば、「積極的にフィードバックは受けてほしい」というのが、ぼくのリクエストです。

 

とはいえ、コーチング学んでなかったら、この言葉をフィードバックとも受け取れず、辞めていたかもしれないな…

と今でも思います。

それこそ、どうとでも捉えることは可能ですしね。

会社の同僚には、2年くらいこのフィードバックを受けたことは黙ってて、「まあ時効ですよね?」って社長と話してある飲み会の場でカミングアウトしました。

そうしたら、一様に「自分なら辞めてる」という反応でしたから、割と特殊なのかもしれないです。

繰り返しますが、これは別にぼくが偉いとかそういう話ではなく、捉え方の問題だという話。

そして、結果として、僕はこの手の厳しい言葉には耐性があり、エネルギーに変換して成長につなげることができた。

つまり、フィードバックは偉大だった…という結論に至るのです。

これを読んでくれているあなたもぜひ、厳しいなと感じる意見を「フィードバック」と一度捉えてみてください。

意識、行動になにか変化があるかもしれません。

 

P・S

コーチングを学ぶと、フィードバックに対する考え方・捉え方を変え、エネルギー変換ができるようになります。

効果は今書いた通りです。

ぜひ一緒にコーチングを学びませんか?

お待ちしています!

スポンサーリンク

ぜひシェアをお願いします

メールマガジンに登録!

メンタル言語化ワークアウト 読者登録フォーム

ABOUTこの記事をかいた人

カメダ ナオト

2017年前まで大企業で人事・総務、営業を経験、その後、WEBマーケティングのコンサル会社に転職。現在に至る。 会社やクライアントにコントロールされている感覚が抜けず、すべてに受け身な状態になってしまっていました。そんなときにコーチングに出会い、自分の人生を自分でコントロールし、自分株式会社の経営者として人生戦略・キャリア戦略をもつことが大事だと築き、自らを変え、コーチングによるサポートも行っています。 「会社員だから」「フリーランスだから」ではなく、自分が納得できるキャリアや人生を描くサポートをしていきます。 これからは、ビジネスマン・アスリートをコーチングでサポートしながら、学校教育にもコーチングを拡げ、変化の激しい時代を力強く進んでいくためのコンパスを子どもたちに提供してきたいと考えています。