登録した人だけが得ることができる、コピーライティングの真髄がある。

CC: picjumbo

CC: picjumbo

ぼくのいわゆる「ブログ暦」だけで行ったら2004年に無料ブログを開設したのが最初ですから、もう10年を超えます。

もうちょっときちんと勉強して運営すればよかったな…というのが典型的な「先にたたない後悔」ではあるものの、おかげで更新頻度のばらつきはありつつも書くこと自体に抵抗はなくなっています。

が、書き慣れしているぼくも、このブログのように書くテーマを絞り、どう展開していくのか…を考えながらとなると、考えをまとめる時間と書く時間が必須になってきます。

書くのが苦痛なときもある

そして、結果としてこれが結構長くなってしまったり、いやいやこうじゃないんだよなー…というのが頻発することになります。

そして、書いたは良いものの

——————————————————-
・伝えているつもりなのに伝わらない

・キャッチコピーに漂う昭和感に絶望
・うまいこといえない
・考えるコピーがつまらないと自分でもわかる
・書き出しが決まらなくて進まない
・気がついたら日が暮れている
・日が暮れるだけならいいがもうすでに朝日が昇っている
・糸井重里と自分を無駄に比較する
・そしてやっぱり書けない
——————————————————-

この手の自己嫌悪にさいなまれた経験はありませんか?ありますよね??ぼくだけですか?

僕の場合はブログが中心ですが自分でサービス作って販売したり、コンテンツマーケティングを行っていく中で文章を書いていくってなったときに、さらに苦労することになりました。

それなりに本も読んで勉強したり、メルマガとってみたりもしてきました。

そして、だからこそ。勉強してきたからこそ「書けん…」となってしまう人はぼくだけではないはず。

登録してください。得しますから。

で、そんな中でぼくが最終的にたどりついたのが以前から面識があった「野崎美夫」さんのメソッドです。

というわけで今回は野崎さんの新メールマガジン『スマート・コピーライティング』のご紹介です。

野崎さんの経歴をざっくりご紹介しますと、

野崎社長プロフィール1 野崎社長プロフィール2

野崎さんが手がけてきた仕事は、誰もが耳にしたことがある大企業から 1人で活躍されている士業の方に至るまで多岐にわたっています。

そして、当然マスにも DRMにも精通している数少ないコピーライターです。

あおらずに売れる、格調のあるコピーを学びたい!と考えているマーケティング担当の方や、自分の日々のコンテンツ(ブログ)作成が困っていてしかたがないぜ!という方は ぜひご登録ください。

しかも、無料講座のご登録された方には、 『メルマガタイトル30選』をプレゼントしてくれて、これがまたこのメルマガで紹介してくださるメソッドにもはめられるので役に立つことは間違いありません。

思わず開封したくなる!そんなメルマガタイトルが書けるようになる ダウンフレーム・ファイルを無料でいただけるので、得はしても損はしないですよ。

というわけで今すぐに→http://catch-copy.com/?page_id=17

まとめ

一応断っておきますが、これはステマでもなければアフィリの類でもありません。

実際、このブログ以外も別でやっているブログがあるのですが、タイトルつくりに困らなくなったばかりか、アクセス数が上がりました。
※平均200PV/月程度が、250PV/月に上がってます。ジャンルがジャンルなのもあってそもそものアクセス数が少ないですが。

そういう自分で体感したこのメソッドのすばらしさ、そしてなにより野崎さんの世界観に触れてみてほしいんですよね。

昔からお世話になっている方でもあってその人柄はよく存じ上げていて、こればっかりは矛盾するようですが書く言葉が見当たりません。

取ればわかるさ!会えばわかるさ!

ということで、コピーライティングで困っている人にはぜひ知っていただきたい人なんです。

今なら今回のメソッドをセミナーでも学べるようですので、そちらもお勧めです。会うのが一番です、実際。

ぼくも前に行きまして、そのときにいただいたダウンフレームファイルが役にたちまくっています。
※この記事でも何度か登場してるんだぜ実は、、、ふふふ

スポンサーリンク

ぜひシェアをお願いします

メールマガジンに登録!

メンタル言語化ワークアウト 読者登録フォーム

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

カメダ ナオト

2017年前まで大企業で人事・総務、営業を経験、その後、WEBマーケティングのコンサル会社に転職。現在に至る。 会社やクライアントにコントロールされている感覚が抜けず、すべてに受け身な状態になってしまっていました。そんなときにコーチングに出会い、自分の人生を自分でコントロールし、自分株式会社の経営者として人生戦略・キャリア戦略をもつことが大事だと築き、自らを変え、コーチングによるサポートも行っています。 「会社員だから」「フリーランスだから」ではなく、自分が納得できるキャリアや人生を描くサポートをしていきます。 これからは、ビジネスマン・アスリートをコーチングでサポートしながら、学校教育にもコーチングを拡げ、変化の激しい時代を力強く進んでいくためのコンパスを子どもたちに提供してきたいと考えています。