コミュニケーションでズレを修正する(前編)

こんにちは。

サッカーメンタルコーチのカメダです。

このブログでは「言語化」の重要性を書いてきていますが、今日、なかなか興味深い記事を見つけたので、それをもとに僕の考えを書来ます。

宇佐美選手に関する記事が興味深い

今回注目したのは次の記事です。

宇佐美貴史と「行ってるやん」の絶壁

今、ドイツでプレーをし、今回の日本代表にも選ばれた宇佐美選手ですが、ここまで来るのは平坦な道のりではありませんでしたし、彼の能力を考えれば、「遅い」というレベルというのは、記事にも書いてある通りです。

なのですが、今回は宇佐美選手のキャリアどうこうというより、2つほど興味深い記述があったので、取り上げたいと思います。

2つあるので、前編・後編という感じで2記事に分けてお送りします。

前提のお断り

まず、事前に断っておきたいのは、「この記事の内容がすべて正しければ」という前提に立っているということです。

選手や指導者を批判するつもりは毛頭ないのですが、話の展開上、そう見えてしまうことが考えられます。

この話が文字にされる前後で違った話や、これから僕が述べる話を理解していたかもしれませんが、知り得ないことなのでご容赦ください。

選手としてどう受け止めるか

今回の記事で注目したのは、宇佐美選手本人の話と、指導者として登場する湘南ベルマーレのチョウ監督の言葉の2つです。

本記事では、まず宇佐美選手の話を取り上げて、選手としてのメンタル、コミュニケーションのあり方を考えてみたいと思います。

「行ってるやん」からの思考停止

散々引き延ばしたので早速ですが、僕が注目したポイントはこちらです。

ドイツサッカーは球際にアグレッシブで、運動量が多いことで知られる。ボールに激しく寄せることが厳命され、宇佐美もプレスに行くのだが、なぜか背中からのゲキが止まない。「ウサミ、行け! 行け!」と。

「いや、行ってるやん!」

当時の宇佐美は、そう感じながらプレーしていたそうだ。

(中略)

19歳でドイツに挑戦した宇佐美は、「行ってるやん」のまま、変わることを拒否した。

ドイツと日本で、指導のされ方や守備の考え方が違うことから、宇佐美選手は混乱したのだと思います。

国が違えば考え方も違うし、サッカーのレベルにおいては残念ながらドイツの方が上でしょうから、アジャストにも苦労したのでしょう。

ただ、「変わることを拒否した」というのは、若さゆえの空回りだったのか、残念ながら考え方として未熟だったと言わざるを得ないでしょう。

コミュニケーションでズレを減らす

では、この時の彼はどうすればよかったのか。

もしかしたらやったかも知れませんが、「行ってるやん」で止めずに、「自分はこれでも行ってると考えている。どこまで行けばいいのか、考えていることを教えて欲しい」とコーチ、監督と解釈を揃える必要があったのです。

もちろん、言葉が違うので、簡単ではなかったと思います。

昨今、コミュニケーションの解釈が何かと世間を騒がせていますが、他人である以上、どうしても「解釈」によって考えにズレが生じることはあります。

だから、しっかりと話をして、そのズレを埋めることは最低限必要なことだったと思います。

ここから学びたいこと

このことから学べることは、最後に述べたことです。

チームメイトや、いるのであれば監督・コーチの言葉に理解できない点や、どうやら考え方が違うようだと感じることがあれば、しっかりと話をすることです。

話をしないままズレた状態でゲームに入っても、連携もよくならないでしょうし、プレーの精度も上がらないのではないでしょうか。

あなたは、しっかりとコミュニケーションを取れているでしょうか?

スポンサーリンク

ぜひシェアをお願いします

メンタルに効くメールマガジン
こちらもぜひチェックしてください!
メールマガジン登録フォーム
お名前(姓)  *  (例)山田
お名前(名)  *  (例)太郎
Eメール  *
都道府県
性別 男性 女性

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

カメダ ナオト

アスリート向けにコーチングサービスを提供しています。 目標達成やモチベーションアップなど、アスリートのパフォーマンス向上に役立つ記事を中心に「ほぼ日刊」で更新していくつもりです。つもり。 セッション希望の方はお気軽にお問い合わせください。 初回オリエンは無料でございます。