コーチングで選手の成果を出すために抑えておきたい4つのポイント

スタバのWi-Fiがサービス提供している割に全然繋がらないのはなぜなのか。。

無料だから文句言うところではないのですが、今のご時世7GB制限があるためテザリングもそうやすやすとするわけにいきません。

困ったものです。

今は仕方がないのでテザリングしてますが。

目標設定を間違うと自信を失いかねない

アスリートであったりとかスポーツにかかわる例えば部活とかで目標設定をするときに、どんな風に設定をしているでしょうか?

チームスポーツか個人スポーツかでちょっとは変わりそうですが、基本的には「◯◯の大会で優勝する」とか「どこどこに勝つ」とかそういう目標が最上位に来るのではないでしょうか。

で、これ自体別に間違いとは言い切れないところはあるのですが、下手すると自信を失うだけになるので注意が必要だよ、と、そういう話です。

目標設定時の4つのポイント

いくつかあるのですが、ざっくり言って4つほどあるかなと。

1)外部要因に左右される要素が排除できているか
2)具体的な行動に落とし込めているか
3)期間は設けているか
4)同意できているか(共有できているか)

コーチングを実施するときは、「どこに向かうのか」をまず決めるわけですが、ファーストステップとしてはゴール設定するときに上記4つがチェックポイントになってきます。

チームスポーツになるとチームの具体的な目標に対してポジションごとに行動目標は変わると思いますが、個人に落とし込む際も上記のポイントが一つの目安になると考えています。

一つずつ見ていきましょう。

1)外部要因に左右される要素が排除できているか

外部要因というのはそのままの意味です。

自分ではどうしようもない不可抗力的な要素ですね。

例えば「何かの大会に優勝する」という目標を掲げたとき、外部要因としては「相手がいる」ことというのが挙げられます。

相手も同様の目標を掲げて日々鍛錬してきますから、ここは自分の努力ではどうしようもありません。

GKで行ったら「何失点以内に抑える」とか最悪です。

相手のシュートはコントロール効きませんし、見方DFに依存する場合もあるので注意が必要。

もちろんそれを凌駕するための目標設定をするのですが、これだけだと達成できなかったときに下手をすると自信を失います。

自信なんて虚像っちゃ虚像なのでそもそも失う必要はないのですが、それはまた別のお話。

目標を掲げる際には、あくまで「自分の努力次第でどうにでもなる行動目標に落とし込む」ことが大事。

2)具体的な行動に落とし込めているか

それがこのステップ。

目標を達成した状態の自分(チーム)はどんな状態になっているでしょうか?

・どんな言葉を使っているか?
・今はやっていない練習はどんなものか?
・逆に今はやっているけどやってないであろう練習は?
・休養の捉え方はどう変わっていそうか?
・練習時間はどれくらいになっていそうか?
・あるいは練習密度はどうだろうか?

などなど。

未来の自分に聞いてみるわけです。

これらの質問はどれも具体的な行動になりますよね。

数字にできると分かりやすいと思います。

3)期間は設けているか

そして、具体的な行動目標に落とし込めたら次は期間を設けること。

コーチングセッションだと3か月が一つの目安ですが、個人で取り組む場合には自分のチェックしやすい期間を設けてチェックしていけばいいと思います。

4)同意できているか(共有できているか)

そして、何よりこれです。

その目標に「よし、やってやろう!」と100%同意できているでしょうか?

人間、やらされ目標だとなかなか体が動きません。

自分が「こうしたい!」と思うものでないと継続して取り組んでいくのが辛くなります。

チームであるならば、チームメイトとその目標が共有し、お互いに納得しているでしょうか?

1人でもずれていると力が分散してチームの士気にも関わりますから要チェックです。

別に目標は変えてもええんやで

とはいえ、ガッチガチに固めた目標でもやっていくうちに「あ、これはアプローチ間違ったわ」と気づくことはあるものです。

その時は遠慮なく変えてしまいましょう。

一度決めたらやりきらねば!!男に二言はないんじゃ!!

とかマッチョになる必要は決してありません。

間違ったことをいくらやっても間違うだけですから。

ただ、それがただの妥協なのかどうなのかの区別は必要ですけどね。

まとめ

今後、この手の話は徐々に記事を増やしていくなりアップデートをしていこうと思っています。

これらのことに取り組む前のそもそもの習慣を見直すとかも、場合によっては必要ですし、具体例とかも別記事にするなりしてまとめていきたいと思っています。

なので、まずは一旦、この記事をチェックリストとしてご自身の目標を今一度見直してみると、目標に向けてドライブがかかると思います。

スポンサーリンク

ぜひシェアをお願いします

メールマガジンに登録!

メンタル言語化ワークアウト 読者登録フォーム

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

カメダ ナオト

2017年前まで大企業で人事・総務、営業を経験、その後、WEBマーケティングのコンサル会社に転職。現在に至る。 会社やクライアントにコントロールされている感覚が抜けず、すべてに受け身な状態になってしまっていました。そんなときにコーチングに出会い、自分の人生を自分でコントロールし、自分株式会社の経営者として人生戦略・キャリア戦略をもつことが大事だと築き、自らを変え、コーチングによるサポートも行っています。 「会社員だから」「フリーランスだから」ではなく、自分が納得できるキャリアや人生を描くサポートをしていきます。 これからは、ビジネスマン・アスリートをコーチングでサポートしながら、学校教育にもコーチングを拡げ、変化の激しい時代を力強く進んでいくためのコンパスを子どもたちに提供してきたいと考えています。