思考のコンディションチェック、どうしてる?

こんにちは。

サッカーメンタルコーチのカメダです。

最近、肩書きどうでも良くなってきたのですが、何かいい案ないでですかね笑

僕の習慣の話です

コーチをやるようになって以来、というか、そのもっと前から、ノートにその日あったことや考えなんかを書くことは続けています。

ここ最近は、ちょっと意図があって取り組みを強化しているのですが、ノートの消費量が半端じゃなくなっていますw

そんなことをやっていて思うのは、書いて見ることで初めてわかることが多いな、ということです。

2つの事実

わかったことは2つです。

考えてない!

まず、自分は、考えているようで考えていない、ということです。

人間は、1日に6万回ほど何かを考えていると言われていますが、そのほとんどが、考えているというよりは、着想しては消え、の連続です。

ノートに書いていることも、ほんのごく一部にすぎなくて、書いているうちに、浮かんでは消えている「何か」があります。

そんな状態の中、とりあえず「今浮かんだ!」と思うことを連続的に書いて行くのですが、これが面白いように「堂々巡り」を繰り返しているのです。

つまり、ゴールに向かっていなくて、思考のジャグリングをしてしまっている、ということです。

何か問題や悩みがある時はそうでもないと思うかもしれませんが、これはもう、思考の癖みたいなもので、「考えている」と思っていても、その実何も進んでないことがざらにある。

これは結構恐ろしいことで、悩みに対して思考のジャグリングしてたら、そりゃあストレスたまるだけで、なんの解決にもなりませんよね。

思考の制限

次に、自分が思っている以上に思考に制限をかけている、ということがわかりました。

どういうことかというと、なんの脈絡もなく、「どうにもならないけど」「仕方ないけど」といったような言葉が出てくるんですよね。

これに気づいた時はびっくりしました。

無意識だからこそ、自分の中の強い思い込みとして、こびり付いてしまっているのではないかと思うんですよね。

何かにチャレンジしようとするときや、問題が起こった時に、こんなことが自動フィルターとして設定されているとしたら…

まとめ

整理してノートを書くことも大事だな、と思う一方で、とにかく思い付いたことを、自分への嘘偽りなく書いて行くことで、こんな思考の癖に気づくことになろうとは思いもしませんでした。

セルフコーチング効果半端ないです。

コーチングでは、第3者の眼からフィードバックがもらえます。

ですが、セッションなんてせいぜい45分くらいで、そこから次のセッションまでは自分との対話になるわけです。

ですので、セッションで「やる!」と決めたことも、人間ですから、どこかで妥協してしまうことも出てくるかもしれない。

そんな時、今の自分の思考コンディションはどうなのか、書くことで見えてくるのは、チェック機能として有効だなーなどと感じてます。

あなたは、自分の思考のコンディションチェック、どうしてますか?

スポンサーリンク

ぜひシェアをお願いします

メールマガジンに登録!

メンタル言語化ワークアウト 読者登録フォーム

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

カメダ ナオト

2017年前まで大企業で人事・総務、営業を経験、その後、WEBマーケティングのコンサル会社に転職。現在に至る。 会社やクライアントにコントロールされている感覚が抜けず、すべてに受け身な状態になってしまっていました。そんなときにコーチングに出会い、自分の人生を自分でコントロールし、自分株式会社の経営者として人生戦略・キャリア戦略をもつことが大事だと築き、自らを変え、コーチングによるサポートも行っています。 「会社員だから」「フリーランスだから」ではなく、自分が納得できるキャリアや人生を描くサポートをしていきます。 これからは、ビジネスマン・アスリートをコーチングでサポートしながら、学校教育にもコーチングを拡げ、変化の激しい時代を力強く進んでいくためのコンパスを子どもたちに提供してきたいと考えています。